神奈川県産興センター    (事務組合とは)    top 

労働保険事務組合制度

  労働保険事務組合とは、事業協同組合、商工会、中小企業の事業主団体が、
その構成員である事業主等の委託を受けて、事業主に代わって労働保険料の申告納付、労働保険に関する各種の届け出等の事務手続きを行うことにより、中小事業主の事務処理の負担を軽減し、労働保険の適用促進及び労働保険料の適正な徴収を図ることを目的として、厚生労働大臣から認可された任意団体です。
 労働保険事務組合と委託事業主との関係、保険者である政府との関係は、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」に定められています。その主要なものは、次のとおりです。

 
 

◆事業主団体が労働保険事務組合としての業務を行うには、厚生労働大臣の認可が必要です。

 

 

 

◆労働保険事務組合は、委託事業主の労働保険料の申告、納付、各種届け等を委託事業主に代わってまとめて政府に行うことになります。

 

 

 

◆労働保険事務組合は、委託事業主から労働保険料の交付を受けた場合は、これを政府に納付することが法律上義務付けられています。

  事務を委託した場合のメリットは ・・・・・

 1 労働保険料の申告・納税等の事務を事業主に代わって処理しますので事務の
   手間が省けます。

 2 労働保険料の納付額にかかわりなく、3回に分割納付することが出来ます。

 3 事業主や家族従業員なども労災保険に特別加入することができます。

   労働保険は、事業主に使用される労働者の業務上または、通勤途上における
   災害に対する保証をする制度ですが、特別加入制度に加入することにより、労
   災の補償を受けられます。

 産興センター トップ